■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 最新50 新着レスの表示

ケロヨンクラブ

1 名前: 名無しさん 投稿日:2004/10/22 01:05 ID:vXP9FV5.
オウムの分派ですか。

122 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/03 23:09 ID:xvodYWpc0
「霊能者をも騙す詐欺の能力」を持つ日神会だぞ。そのトリックを
見破るのは容易ではない。

「霊が見えます」と恵比寿の道場に来ていた来訪者に対し、
「霊を見てはいけません!聞いてはいけません!地獄に引きずりこまれます!」
と、口をすっぱくして述べていたが、何のことはない。
「本物の霊能者に、自分達のインチキを、見破られないため」
に言っているだけ。大半の人間には、霊的能力などないのだから。
中にはそれで「追い出された」本物の霊能者もいたらしい。
物凄い気の毒な話で同情するよ。

何で他人にない霊能力などあるのか、スビリチュアリズムを知って、
初めて納得いくものだ。
「霊能者として生まれることを、生まれる前に選んでいた」
と、単にそれだけだ。


123 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 06:25 ID:xvodYWpc0
*霊は生まれる前に、通常、男か女かどちらかに生まれるか決められる。
 どちらの性になるかは無関心に近く、生まれてからの苦難に関心がある。
*水子(主に流産)とは、「生まれることを拒絶して、霊界に勝手に逃げ帰って
 しまった霊」の事を指す。「与えられた肉体を勝手に捨てて霊界に逃げ
 帰ってしまった」ために、大変な苦しみによる償いをしなければならない。
 親側の勝手な都合で人工中絶した場合、霊界でいつか、その子と対面させられ、
 罪の重さを痛感することとなる。
*スピリチュアリズムに一生を掲げる人間の多くが、しばしば、金銭的にピンチに
 陥れられることとなるが、「厳しい苦難を通じて、霊的に正しい行動をするための試練」
 でもある。煩悩に負けると、江原氏のように「金儲け一直線」となる。

 科学者には、一つ一つ。それぞれ理解するのが困難だよ。霊界で、長い月日がかかる。


124 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 06:28 ID:TQTBDIs60
スビ(bi)リチュアリズムが本物と言う証拠を早く出せよ
アラン・カルディックやモーリス・バーバネルの言ってる事を
他のスピリチュアリストたちも本物と認めていると言うだけでは
日神会バ会員が隈本確が本物の神霊治療家で聖の親様は実在すると騒いでるのと
同じ次元でしかないぞ

ウィキの学問系の情報は少しくらい間違いがあっても誰か気付いて修正するし
スピの妄想より1万倍マシだわ

125 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 06:34 ID:TQTBDIs60
それがそもそも、「非科学的」な考えなんだよ。
バーバネル一人だけでは、統計学的に見て足りないだろ。
他にも、コナンドイルとか、スウェーデンボルグ、カルデック他、
世界中のあらゆる霊的通信をかき集めて検証しなければならないのだ。
数十人。時に数百人もの「霊的通信」なるものをすべて集めた後で、
「誰が、どんな発言をしていたか」を検証するのだよ。

「あの世が存在する」などというのは、誰でも言えて価値がないから、その
「あの世はこうなっている」という中身をきちんと整理する。
統計学的にいえば、
「人類の知り得ないと思われる内容を、面識もない七人の霊媒が伝えてきている」
場合、おおよそ、危険率1%以下の確率で、その内容は、信頼できると断言できる。
すべての内容を疑ってかかるのが必要で、それでも残った中身が日本に伝えられている。
普通の人間が考えるよりも、はるかに厳格な基準に頼っているのだから。

「面識を持たない、赤の他人」の内容を検証する試みなど、世界中で行われている。
その中で、飛びぬけて内容が優れていると思われているのがシルバーチの内容だ。
内容を認めている人間でさえ、自分に取り入れようとすると、頭が痛くなる思いをする
くらいなのだ。

>世界中のあらゆる霊的通信をかき集めて検証しなければならないのだ。
>数十人。時に数百人もの「霊的通信」なるものをすべて集めた後で、
>「誰が、どんな発言をしていたか」を検証するのだよ。

それもおまえが読んだスピリチュアル本の受け売りだろww
認めているのは世界人口の中で耳掻きで引っかいた程度の
極わずかなスピリチュアリストたちだけww

スレ主の読んだアラン・カルディックやモーリス・バーバネルの本の翻訳者は誰だい
以外や以外、出版社も含めトンデモ本の著者で有名なヤツじゃないのかい
翻訳の中にとんでもないバイアスが掛かってるのもあるんじゃないのか

大霊界の弘文出版は落語本で有名だけどな


126 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 06:42 ID:TQTBDIs60
翻訳者や版元が問題と言うなら、自分で修正すれば良いだけ。
バーバネルの肉声テープは、ネット上でも公開されているぞ。
通訳している人間に金払って頼めば、何とか訳してもらえるだろう。
たくさん集めてきちんと比較すれば、明らかに違いはわかってくる。

前に聞いたが、駆け出しの翻訳者はミスをしがち。知り合いの翻訳者に
実際に聞い時、「翻訳者として駆け出しの頃、『未来の取引』と訳して版元に原稿を
提出したら、『先物取引』と直されていて、恥をかいた」
と言っていた。人間は、ちょっとのことでミスをするのだから、
微妙なニュアンスを間違えて伝えたり、解釈で誤解するなどは、むしろ「当たり前」だよ。

「霊界の美しさを表現する言葉は、貴方達の世界にはないのです。
伝えたくても、人間の世界の言葉に、それを表現する言葉はないのです」
といっていた言葉も思い出すべき。


127 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 06:45 ID:TQTBDIs60
五島勉は、不安を煽って自分だけがボロ儲けする事が目的。
スビリチュアリズムは、希望を持たせる事が目的。
所詮、最初から違うゴールを目指していただけだよ。
「金儲け」と、「崇高なる目的」では、見る人が見れば完全にわかるから。

日神会は、非常に都合よく五島著の内容をパクり、会報で
自分達の力を宣伝していたけどな。
日神会の力で人類滅亡を抑えたとか何とか言っていた直後に、
何か災害がおきたんじゃなかったのか?


128 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 07:03 ID:TQTBDIs60
>翻訳者や版元が問題と言うなら、自分で修正すれば良いだけ。

ほぉ、トンデモ本の出版社や翻訳者だからボロが出てだせないので
批判者に「自分で修正しろ」と責任のなすり付けか

>人間は、ちょっとのことでミスをするのだから、
>微妙なニュアンスを間違えて伝えたり、解釈で誤解するなどは、むしろ「当たり前」だよ

ヒューマンエラーするのは認めてやるが
それは意図的に歪曲するものとは天と地ほどの差があるんだよ
歪曲訳・解説の一番良い例が五島勉のノストラダムスだよ
トンデモ本は読者を引き付けるために良くやることだ
所詮オカルト・神秘系は教養と言うよりも娯楽本の類なんだよ

>「霊界の美しさを表現する言葉は、貴方達の世界にはないのです。
>伝えたくても、人間の世界の言葉に、それを表現する言葉はないのです」
>といっていた言葉も思い出すべき。

いかにも人間的な表現だな「人間に伝えるのだから当然だろ」と言いそうだがなww
物質界だって「この世のものとは思えない美しさ」という風景や美術品の表現があるだろ
表現の仕様の無い物にその後に近似的に「たとえるなら〜の様な」と付け加えたりするがな

>五島勉は、不安を煽って自分だけがボロ儲けする事が目的。
>スビリチュアリズムは、希望を持たせる事が目的。

どっちも娯楽本だろww フィクション
シルバーバーチの霊訓で検索すると「近藤 千雄・訳」と沢山出てくるけど
出版社はサブカル本がメインの「朝文社」で訳者とともに
大本教から分派した浅野和三郎の「日本心霊科学協会」と繋がりが深いし

エンターテイメント > サブカルチャー > 霊界・恐怖体験 と言う事


129 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 07:06 ID:TQTBDIs60
シルバーバーチは、「自分にはラベルと言うものがない」
と言っていたのを一度は見たことがあるだろ。
どこから刊行されたかは問題じゃないのだよ。

価値のあるカルデックの本の版元は、幸福の科学だが、
本を見るときは、カルデックの偉業と幸福の科学の悪業は、
分けて考えているよ。カルデックの教えより、自分たちが優位に
立つために刊行したはずなのに、大川総裁の教えはカルデックよりも、
ずっと劣るというこの皮肉。
まあ、本の刊行が、少しは世の中に役に立っているからな。


詐欺としては、スピリチュアリズムを悪用する能力のない日神会より、
悪用している江原や幸福の科学のほうが、罪が重いよ。

カルデックの「天国と地獄」という本を広めた功績もあるから、
その意味で、評価がプラスマイナスの相殺が霊界でなされるが、
やはり、悪用が著しいという意味では、大川氏の罪は免れないね。


130 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 07:12 ID:TQTBDIs60
>価値のあるカルデックの本の版元は、幸福の科学

これだけでスピリチュアル語ってるスレ主の知識の程度が丸分かりだから
本を広めた功績も何もカルディックの思想の価値が地に堕ちきってるだろww
中央大学 法学部准教授の浅岡夢二と言う翻訳したヤツだって
幸福の科学出版やハート出版のような
オカルト・トンデモ思想専門のところでばかり本出してるしな
カルデックの「天国と地獄」
自殺や殺人を犯し、死後苦しんでいる霊に霊媒の連中は「神に祈りなさい」と言っているが
どんな神?
例えば日神会のアホ信者共なら聖の神をイメージして祈るだろうけど
この本の場合、キリスト教圏内の話だからキリストに祈るということなのか?

息子の後追い自殺をして苦しんでいる母親の霊は霊媒たちに説得されて神に祈ったら「希望の光が射してきました」だって。
なんか、よくワカラン。

カルデックの「天国と地獄」
隈本の親父が書いた大霊界本の中にも招霊して話を聞くエピソードがいくつかあるけどそれと同じ。


「私が誰であるかなど、どうでもいいこと」というわりに
3000年前に霊になったとか、インデァンの霊を霊媒に使っているとかしゃべっているし。
人間がが考えて書いているからちょっとしたボロが出ているのかな?とか思えてしまった。

131 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 07:17 ID:TQTBDIs60
だってスピリチュアル関連の本出してる出版社は
スレ主ご推薦の幸福の科学のようなカルト教団や
世界救世教や日本心霊科学協会のような新宗教と繋がりの深い
サンマーク出版、ハート出版、朝文社のようなサブカルチャー系の会社ばかり
ほぼ間違いなく内容に思想バイアスが盛り込まれてるって

シルバーバーチの言うとおり、「馬鹿はラベルを付けたがる」からなあ。
版元なんて、どこでも関係ないのだよ。
横山光輝の三国志という漫画だって、最初は潮出版(創価学会系列)
だったのだ。創価の本を出しまくる一方、普通の本も出して集客も図る。
それが普通の版元だ。


132 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 07:23 ID:TQTBDIs60
<シルバーバーチの霊訓>
Q:たとえば50人の部下がいて、その部下たちが良からぬことをしたとします。
その場合は気苦労のタネになってもやむ得ないように思いますが・・・。

A:責任は個々において背負うというのが摂理です。摂理のもとにおいては
あなたは他人の行為に責任を負うことはありません。

<西郷南洲遺訓>
組織を率いるものは、心を常に公平に保たなければなりません。
嫌いな人物、気に入らない人物でも、まず、おのれの「相手を嫌う心」を封じて対せねばなりません。
自分の身内もアカの他人も、好きな相手も嫌いな相手も、価値観や人生観が違う者も、全部ひっくるめて
その者たちの暮らしを支えてやらねばならないのです。
だからそこに「私心」が入ってはいけないのです。
人ではなく、自分は天を相手にしていると思えば腹も立たないでしょう。

この違いは欧米と東洋に違いなのかなぁと思った。
もちろん、俺は西郷さんの考え方の方がいいな。


133 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 07:41 ID:TQTBDIs60
>スェーデンボルグ、バーパネル、霊界の真実を告げられるのは、なぜヨーロッパ人ばかりなんだ?

簡単なことさ
UFO(宇宙人の乗り物の意味で)がアメリカに頻発に現れて
時に人の少ない場所に降り立ち、たまたま居合わせた人が宇宙人と接触して
驚くことに宇宙人が英語で語りかけてきたのと同じ事だよ
その宇宙人の姿がロボットだったり、俗に言うグレイだったり
ヒューマノイドだったら必ず白人の姿なんだよ

Hi! Nice to meet you!とかいうのか?やっぱりw
日本人みたいにThis book! I have apen!とか
とりあえず知っている英文を言ったら面白いのになw

機内でCAにPlease I am orange juce.とか言った芸能人がいたなw

幸福の科学のスピリチュアル本を参考にしてたのでは
本物の科学を敵視するわけだよな

…何やかんやと文句を付けても、「すべては、死ねばわかる」
とただそれだけだ。ついでに、
「スピリチュアリストは、金銭的に困る人間が多い」というのは、
「試練」の一種。「あらゆる誘惑に打ち勝ち、信念を曲げない強さを養うため」
とハッキリ説明している。そういえば、心の道場の連中も、たびたび、運転資金
に困るような場面に出くわしていると言っていた。

「金持ちのほうが、はるかに誘惑が多く、危険である」
が、スピリチュアリズムの明かした真実。
よって、幸福の科学の大川氏みたいな人間は、死後に悶絶して苦しむ羽目になる。

幸福の科学代表の中川隆なんて大川バカボンや大川葬祭で十分だろ
本物の科学嫌いな幸福の科学信奉者のスレ主さん


134 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 07:51 ID:TQTBDIs60
自分が直接被害を受けていない宗教に関しては、
特別な悪口を言うつもりはないよ。だから、
創価学会の池田大作氏とか、幸福の科学の大川氏とか、一応、
敬称を付けている。

「スピリチュアリズムを悪用する能力のない日神会」よりも、
「スピリチュアリズムの教えを、己の宗教拡大に悪用している」幸福の科学の
方が、はるかに悪質だぞ。その辺、心の道場でも述べていただろ?

「問題の多い宗教に関しては、わざと『問題点を浮き上がらせて、戒めと成す』」
という教えがスピリチュアリズムにもあったはずだ。
したがって、一番問題の多い創価学会は、敵対する人間の数が多く、ネットでの
総攻撃で、200万人の信者が流出。公明党は二議席失った。
幸福の科学もまた、ネットでの評判は厳しい。
日神会は、母集団が少ない分、攻撃する人間の数も限られてくる。
「どの宗教を攻撃させるか」は、適材適所なのだよ。

うるさい勧誘に当たった経験を持つ統一教会に関しては、
教祖の乗ったヘリが落ちたので、「黒焦げ教祖」と揶揄しているけどな。
実際は焼けて黒コゲで死去したのではなく、大往生に近い形で死亡したわけだが。
日神会は「怪鳥」の愛称で十分だ。


135 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 08:02 ID:TQTBDIs60
ネットのあちこちに(他の場所の掲示板も含む)、
スピリチュアリズムの話題を、かなり数多くバラ撒いてきたが、
場所によっては、「非常に食い付きが良い」な。
数百箇所以上に、教えをバラバラと撒いてきたよ。

やはり、「真理に飢えている人」というのは、相当数いるものと感じられた。
タネを撒けば芽が出るように、これから数年、数十年かけて、
霊的真理に目覚める人間が多くなれば、自動的に、偽宗教の出番は
なくなるようだ。その日が楽しみ。

たとえば2chだと、オカルト板に、いっぱいスピリチユアリズムの種を
ばら撒いているよ。
2ch以外でもいろいろやっているけどね。

さすがに、このスレ住人と異なり、「真剣に道を求める」住人がいる事もあり、
耳を傾ける人も結構いるようだ。オカルト板だと、半数くらいは耳を傾けるよ。
あとの半数は反発するだけだが、耳を傾ける少数派のために、霊的真理を
説いている。霊的レベルの上がっている人ほど、真剣に耳を傾けるようだから。

そもそも、死後の世界を認めない人間がスレに出入りする事が
異常極まりないのだがな。
もっと有害な幸福の科学を叩きに行って来いよ。


136 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 08:30 ID:TQTBDIs60
「泥棒にも、三分の理」という言葉を聞いたことがあるか?
たまたま、役に立つ内容の道具を見つけて売っているだけだ。

内容を見ると、大川氏の本すべてを集めても、カルデックの一冊にも及ばないから。
都合良く利用しようとし、総裁の権威付けに役立てようとしたのに、遠く及ばない皮肉。
それを知ったら、幸福の科学は、カルデックの本を刊行中止にするだろう。
その意味では、幸福の科学は「間抜け」なのだよ。カルデックの本は、大川氏の
権威を失墜させることはあっても、権威付けには何ら役に立っていないから。

大川氏の本は捨てて、カルデックの一冊だけ読めば、霊的な内容は事足りる。


137 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 08:50 ID:TQTBDIs60
またまた大川氏に総裁ですかWW
『幸福の科学』丸出しじゃないですかスレ主さん
墓穴堀まくって『降伏の化学』してるじゃないの
幸福の科学出版の本を買っただけでも幸福の科学を利するだけでしょWW
あっ、こんな事書くと「中古本を買ったんだよ」とか言いそうだなWW

幸福の科学の思想バイアスの掛かった本の内容を
本物のカルディックの翻訳本と思い込んでる浅はかなスレ主
潮文社のシルバーバーチ本の訳者は大本系の思想バイアス掛かってるし


まるで理解していない証拠がバレバレだろ。その程度で、よく批判できるものだと思うよ。
「キチガイに刃物」とは、このことだね。だから科学者は殺人犯と同じなのだ。

「役に立つ」部分は取り入れれば良いし、役に立たないと思えば、
拒絶すれば良い。
役に立つ言葉なら、それを発言したのが宗教関係氏者だろうが、
泥棒だろうが関係ない。

「ラベルはない」と言った言葉の意味を、もう少し考える知能が欲しいものだ。

スピリチュアリズムでは、
「大霊ただ一つを信仰の対象とし、地上のいかなる人間も、信仰の
対象としてはならない」
という言葉を知っているだろ?

幸福の科学は、スピリチュアリズムの「都合の良い部分のみを、つまみ食い」
にして、その実、「教祖の大川氏を崇拝させる」やり方を取っている。
良く知っている人間から見たら、その偽善性は一目瞭然なのだ。
その「都合の良い部分のつまみ食い」は、江原も同じ。

「教祖を崇拝させるためのど道具」にしている本の方が、
教祖の本よりも、価値があるというのは、皮肉なものだ。

スビリチュアリズムを悪用しているという点から見たら、悪用する能力のない
日神会よりも、幸福の科学や江原の方が。はるかに罪が重くなる。



138 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 08:59 ID:TQTBDIs60
会報の28号には、「ハルマゲドン」がどうのこうのと、繰り返し述べていたが、
何の事はない。自分の息子がハルマゲドンの祟りにあったと言うしかないね。
出来の良いほうの息子が天に召され、出来の悪い息子が残ってしまうとは。
因果なものだ。


スピリチュアリズム的に言えば、ハルマゲドン的な事で人類が
滅亡するなど、100%ありえない。
それを元にして商売する奴は、詐欺師であり、ペテン師に過ぎないという事だ。

「既存の宗教に籍を置く者は、いつか、その過ちを
ご破算にしなければなりません」
と述べられているからな。
二代目が死んでも、いまだ目覚めない日神会会員。
二代目の死は、犬死だったようだ。何の役にも立たない気の毒な
死に方だった。

「奇跡」、「奇跡」と言い続けながら、「鬼籍」に、二代目が入った。
「奇跡」ではなく、「鬼籍」の聞き間違いだったのかもしれんな。

139 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 09:06 ID:TQTBDIs60
具体的に、本や会報の中身の「嘘」を突いていくことにしたい。

幽界(ゆうかい)・・・死亡直後に入る世界(「超神霊」P31参照)。この言葉自体は確かに
 正しいが、実際の幽界の仕組みは、大霊界シリーズでの説明とは、かなり食い違っている。
霊界(れいかい)・・・「霊界人として目覚めた霊」の来る場所というのは、正しくもあり、正しくもない。
 「どこからどこまでの場所」を霊界と定義付けるかで、説明も異なってくる。

仏界、神界、聖天界については、「勝手に名づけているだけ」に過ぎない。
どこからどこまでという区切りは存在しない。
ただし、「火の壁」や、「天命界」については、「見当違いに解釈している」という前提でのみ、
何とか正当化できない部分がないでもない。
「火の壁」があるかないかと言えば、似たようなものが、「ないわけではない」という程度の
事は言える。仏教で言う「解脱」の境地というものがあるが、火の壁は、その解脱の境地に
入るための壁という風に、みなせないこともないし、天命界は、その「解脱の境地の世界」と、
いえない事もない。
しかし、大霊界の著書レベルの霊能力では、その全貌を知ることは不可能である。

尚、夜叉界、濁王界、陰王界、夜王界、地王界、大地王界というのは、
「著書の勝手な思い込み」によるものであり、似たような場所はあるが、地獄の一世界として
存在することは、ありえない。また、数億年も苦しむということは、絶対にありえない。

「大霊界シリーズは、『嘘の集大成』」という事が断定される。

建物の一部の写真も入れて、日神会に関心のない一般人の方にも、
「ああ。あの場所にある建物がそうなのか!」
と関心を持ってもらうべく、駅から撮影した写真も載せました。

http://cult9999.web.fc2.com/

「説明義務を果たさず、高額のお金だけを巻き上げる」以上、世に注意を
促すべく、広く呼びかける次第です。皆様も騙されないよう、注意してください。


140 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 14:22 ID:TQTBDIs60
宗教の狂信者が、霊界でたどる様子(その1)

霊媒に乗り移ってすぐから、大声で賛美歌を歌っている。

博士「ここへおいでになったのは、今回が初めてですか」
スピリット「もう少し歌いましょう!」

博士「あなたとお話したいのですが・・・」
スピリット「もう一曲歌いましょう!」

博士「これ以上歌ったら、少し熱狂的になり過ぎませんか」
スピリット「ここは教会じゃありませんか。大いに歌わなきゃ。さあ、歌いましょう、
 ハレルーヤ!話って、何ですか」

博士「少し落ちついて話しましょうよ」
スピリット「まず賛美歌を歌わなきゃ。それが教会のしきたりです。永遠に祈り続けましょう、
 イエスの御名のもとに!」

博士「永遠はちょっと退屈ですね」
スピリット「賛美歌を歌い、そして主に祈るのです。ハレルーヤ!主イエス・キリスト!」

博士「それまでにしてください。もう十分です。お名前は何とおっしゃいますか」
スピリット「歌いましょう!祈りましょう!」

博士「冷静になって頂くか、それともここを去って頂くか、どちらかにしてください。あなたは、
 一体、どなたですか。どちらからおいでになりましたか」
スピリット「そのものの言い方は何ですか。ここは、一体どういう教会ですか」



141 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 14:25 ID:TQTBDIs60
宗教の狂信者が、霊界でたどる様子(その2)

博士「死んでどれくらいになりますか。何かが、あなたの身の上に起きたことはご存知のはずです。
 これまであなたは、何年もの間、地球上を当てもなく彷徨っておられたのです。冷静にお考えになってみてください」
スピリット「あたしは冷静ですよ。狂ってはいません」

博士「信仰的には狂っておられます」
スピリット「神と聖霊に祈っているのです。(大声で)ハレルーヤ!」

博士「そんな大声を出さなくてもよろしい」
スピリット「イエス・キリストの御名において行っているのです」

博士「ここは、そんな話をする場ではありません」
スピリット「あなたは罪深きお人ですね」

博士「いいですか、よくお聞きなさい。あなたがどなたであろうと、もう肉体はなくされたのです」
スピリット「ここは何という教会ですか」

博士「ここは教会ではありません」
スピリット「そう聞いて安心しました。教会もここまで様変わりしたのかと、びっくりしました。
 では、イエスの御名のもとに、あたしに語らせてください」

博士「あなたが現在の本当の状態を理解していらっしゃらないようなので、高級霊の方達が
 ここへあなたを連れてこられたのです。あなたはもう『スピリット』になっておられるのです。
 それも、かなり前からのはずですよ。そのことを教えようとする方達の言うことに、あなたは耳を貸しませんね?」
スピリット「じゃあ、まずあなたからお話ください。そのあとあたしが喋りますから」

博士「何か変わったことが起きたことはお気づきですか」
スピリット「いいえ」

142 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 14:28 ID:TQTBDIs60
宗教の狂信者が、霊界でたどる様子(その3)

博士「素直にお考えになれば分かります。少し感じが変だということはご存知のはずです。
 そのことを素直に認めようとなさらないだけです。ここがカリフォルニアのロサンゼルス
 であることをご存知ですか」
スピリット「どうやってそんな遠くまで行ったのでしょう?あたしは宣教師として、あちらこちらで祈り、
 そして歌ってましたから、いつの間にかそんなところまで行っちゃったのでしょう」

博士「あなたはスピリットになっているのに、そのことに気づかずにいらっしゃるので、ここへ
 連れてこられたのです。お母さんはあなたのことを何と呼んでいましたか」
スピリット「ちょっと待ってください。頭が働かなくて・・・」

博士「あなたには、もう肉体はないのです。その自覚の無い方は、地上時代のこともよく
 忘れてしまわれます。あなたは名前も思い出せないのですね?」
スピリット「名前はセーラでした。(大声で)イエスの御名のもとに申し上げます!」

博士「セーラ・何とおっしゃいましたか」
スピリット「マクドナルドです。イエスの御名のもとに申し上げます!」

博士「そんなに絶叫しても、何にもなりません。あなたは死んで、かなりの年月が経っている
 ということが分かりませんかね?」
スピリット「ハレルーヤ!」

博士「その身体は、ほんの一時だけ使用していらっしゃるのです。聞こえてますか。今年は何年でしょうか」
スピリット「イエスの御名のもとに、そんなことはどうでもいいです」

博士「狂信者は、信仰以外はどうでもいいのですね?」
スピリット「あたしは、敬虔なクリスチャンですーイエスの御名のもとに。神に栄光あれ!ハレルーヤ!」


143 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 14:32 ID:TQTBDIs60
宗教の狂信者が、霊界でたどる様子(その4)

博士「イエスの言われたことをご存知ですか」
スピリット「知ってますとも!イエスはこうおっしゃってますー『彼らを許すのです。
 彼らは自分のしていることが分かっていないのですから』と。あたしも、あなた達の為に祈ります」

博士「あなたに祈って頂くには及びません」
スピリット「神に栄光あれ!」

博士「ご自分が死んだことに気づきませんか」
スビリット「そんなこと、どうでもよろしい」
スピリット「イエスこそ私の味方です!栄光あれ!」

博士「私達はここで、人間は死後どうなるかを実験的に研究している者です。私達が知った
 ところによると、狂信者ほど霊的事実を知らず、頑に信仰にしがみつき、わめき散らして
 信仰を説き、賛美歌を歌っています。イエスは『真理を知りなさい。真理こそ魂を自由に
 します』とおっしゃいました」
スピリット「神よ、この者達を許し給え。この者達はこれ以上のことが分からないので
 ございます。皆さんの為に、私が祈ってさしあげます」

博士「それには及びません。とにかく、あなたは現在の自分の身の上が分かっていらっしゃら
 ないのです。しかも、あなたは心の奥では自分を偽っていることを知っているーいかがです?」
スピリット「神よ、許し給え!祈りましょう!」

博士「神の許しなんかいりません。私の言うことをよくお聞きなさい」
スピリット「(気取った口調で)まだ何か言いたいことでもあるのですか」


144 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 14:36 ID:TQTBDIs60
宗教の狂信者が、霊界でたどる様子(その5<ラスト>)

博士「なぜ、そんな気取ったものの言い方をなさるのですか。あなたは今、ご自分のもの
 ではない身体を使って喋っておられるのです。そんなに強がって、恥ずかしいとは思い
 ませんか。自分で自分を偽っていることに気づいておられるはずです。ここへあなたを
 お連れしたのは、高級霊の方達です。私の妻の身体を使って、こうして話をして頂いて、
 あなたの現在の身の上を悟って頂こうとしているのですが、どうやら無駄のようですね」
スピリット「大きなお世話よ!」(と歯をむき出すような言い方で反抗する)

●結局このスピリットは、一片の理性も見せようとしないので、強制的にマーシーバンドの
  手に委ねられた。

************************

日神会の信者も、これとまったく同じ。
どんなに忠告しても、「聖の親様」以外の事が、頭にまったく入っていかない。

このような狂信者は、死後、「霊界の病院行き」となる。
日神会の狂信者も、これと同じ。日神会の掲示板の書き込み者の中には、
このような狂信者とまったく同じ「理性をなくした」人間が、多々見られる。


145 名前: シオン◆gU93SCyE 投稿日:2013/10/04 14:40 ID:XWFOwkds0
さて、掲示板への参加者の中でも、このような「狂信者」的な人物も、
多々存在する。その具体例を一つ挙げてみたい。

http://ameblo.jp/kintamadekadeka2004/entry-11444293194.html

代表的な「狂信者」に該当するのが、上記の「つぼきち」なる人物の手による
ページである。日神会のスレッドで良くURLが紹介されているが、
スピリチュアリズムに比べれば、内容の未熟度は極めて高く、霊的に見れば、
「特に、相手にしなければならないレベルではない」事がうかがい知れる。
やがては、自らの未熟さを察する事になるであろうが、それまでは、
いかなる教えにも、耳を傾けることのできない気の毒な状態の人とも言えるだろう。

http://ameblo.jp/kintamadekadeka2004/entry-11405252352.html

上記は、一目、正しい内容に思われるが、霊的に見て。そして、スピリチュアリズム的に
見れば、「どうでも良い事」と言うしかない。「自身の内容に、絶対的な自信を持つこと」に、
誇りを持っておられるように見えるが、その実は、「たいした高等な教えではない」のである。
それはなぜであろうか?


146 名前: シオン◆gU93SCyE 投稿日:2013/10/04 14:43 ID:TQTBDIs60
「祈りのエネルギーの引き方の問題ではない」ということである。つまり、
「そもそも、そういう方法で、エネルギーを引くことができるのか?」
の部分に集約されるのである。

「呪術に、悪霊除けの効果は、どれくらいあるのか?」という問いに対し、
「その手の呪文は、すべてインチキです。知っていてお金を取ってやっていると
したら、詐欺に該当し、処罰に値します(アランカルデック)」という事が伝えられている。さらに、
「低級霊の『オモチャ』にされているだけ」と、一刀両断、バッサリと切り捨てられている。
「子供が、遊び相手を欲しがるように、低級霊も、自分の相手をしてくれる人間が
いて欲しいだけ。そのため、『いかにも、効いたかのように、イタズラを仕掛け』、
何らかの物理現象を引き起こし、自称霊能者を、からかっているだけ」
という事になる。
上記の「つぼきち」氏にも、できるだけ早く、その事に気がついてもらいたいと願うが、
先はまだ長く、その域に到達するまでは、道が長いと思われる。

相当なお金を日神会につぎ込んだようだが、スピリチュアリズムに到達して信奉
できなかった以上、人生の苦労は、まだまだ、先が長く続くものと推察される。
その理由は・・・・。


147 名前: シオン◆gU93SCyE 投稿日:2013/10/04 14:46 ID:TQTBDIs60
「魂と言うのは、奥深くに眠っているため、それを目覚めさせるのには、
よほどの体験を必要とします」

シルバーバーチと会話をした幼児は、この「強烈なる体験」の経験を、
免除されているものと推察されるが、逆に、変わって別の仕事や試練が
与えられる事となる。
逆に、どれほどお金をつぎ込んでも、悲しんでも、不幸が訪れたとしても、
それでスピリチユアリズム的な側面に、まったく目覚める事がないとしたら、
その人の人生は、「実質的に無駄だった」とさえ言い切れる部分さえある。
霊界に帰り着いてから後悔する霊が多いのは、それもあるからである。

「魂が目覚めるためには、往々にして、『悲しみ』や『病気』が、お供をする
事となります(シルバーバーチ)」
という事でもあるのだが、霊的に受け入れる準備のできない人に対しては、
いかなる手段を持っても、説得させる事はできない。意思の選択の自由を
妨げてはならないため、強制的に覚えこませることもできないのが現実でもある。

「痛い思いをせずに、霊的な教訓を学ぶことができるのが一番良いのだが、
世の中には、『痛い思い』をする以外に、いかなる方法を用いても、霊的な
教訓を学び取ることができない人」
が存在する。そういう人の多くが、不幸な事故死をしたり、全財産を巻き上げられて
路頭に迷うとか、その他、言葉にするのもおぞましいレベルでの不幸を体験する事に
より、霊的な教訓を学ぶことができるという事になる。

つぼきち氏も、「痛い思いをする以外に、教訓を学べない」というレベルであって
欲しくはないと願いたい。真に霊的な目覚めのない限り、不幸や病気は続くというのが、
霊界の仕組みなのだから。


148 名前: シオン◆gU93SCyE 投稿日:2013/10/04 14:49 ID:TQTBDIs60
スピリチュアリズムの場合、最大の武器とは、「理性」であり、その理性を
存分に活用すれば、現時点で人類最高レベルの教えであり、たとえすべての
中身に賛同できなくとも、納得の行く箇所から、それに沿って行動しようと
するのが、もっとも正しい行動となる。
 
スピリチュアリズムから見たら、密教も神道も、あらゆる宗教の教えの未熟さ
は一目瞭然となる。決定的な事例は、
「悪霊除けのまじないや呪符は、そもそも存在しない」事である。
「その手の呪術は、すべてインチキであり、意図的に金を取る行為は、詐欺に
該当し、処罰に値する」という事でもある。すなわち、九字や護身法などは、
「真っ赤なデタラメであり、あてにはならない」事である。これにより、
世に伝わる呪術、呪符の類は、すべて「捨て去る」べきものである。

ただし、「必要である」と信じる人間から、無理やり取り上げる必要はない。
馬鹿らしくなってやめるか、あるいは、「効き目ゼロを実感する」という、
「痛い目」にあってやめるかは、人それぞれである。


149 名前: シオン◆gU93SCyE 投稿日:2013/10/04 18:20 ID:TQTBDIs60
Q.呪文・呪術を行う古神道に、効果はありますか?
A.100%効果はありません。呪文、呪術、呪符は、いわば、霊的資質が未発達の
  人のための「オモチャ」と言えるでしょう。
  霊的資質の進化した人の場合、「オモチャは、押入れにしまうようになる」ものです。
  「オモチャ等の遊び道具が必要な人」から、無理に、その遊び道具を取り上げてはなりません。

Q.霊界の霊と組んで、誰かを傷つけたり、陥れたりすることは出来ますか?
A.出来ません。そのような行為は、神が許しません。

 わかりやすくいえば、上記のようになるため、日神会のような「狂信者」は無論、
密教、古神道などの「狂信者」は、狂おしいほどに信頼していた、己の「自己流宗教」が、
まったく当てにならず、絶望の淵に叩き落されない限り、霊的真理に目覚めることは
ありません。
 霊界で九字を切っても、インドからの伝来の護身法を使っても、何ら効果はありません。
逆に、低級霊に遊ばれるだけです。低級霊は、遊び相手が欲しいのですが、その誘いに
乗るのも馬鹿らしいことです。

「オンバザラギニ、ハラジワタヤソワカ」などと、手印を組んで呪術を唱えても、
何ら効果はありません。それで効果があると信じる狂信者を、哀れんであげましょう。


150 名前: シオン◆gU93SCyE 投稿日:2013/10/04 18:32 ID:TQTBDIs60
Q.スピリチュリズムが、神道や他の宗教に、駆逐される事はあるでしょうか?
A.100%ありません。逆に、古神道や従来の宗教は、徐々に衰退していき、
  最後には、一部の狂信者レベルの信者が残るだけとなります。
  その最大の理由は、「霊的真理・霊的事実が少しずつ、浸透していく」からです。
  霊的事実や霊的真理を極めようとすると、どんなに嫌がって否定する人でも、
  否応なく、スピリチュアリズムの教えに、近づかざるを得なくなります。それは同時に、
  古神道や従来の宗教の教えから、遠ざかるを得なくなることを意味します。

  その手の信者も、「気がついたら、自分の回りに、誰もいなくなっている」事を悟るように
  なるでしょう。誰も自分の教えに、耳を傾けなくなり、いつの間にか、 あれほど
  嫌っていた「スピリチュアリズムに傾倒した人間ばかり」が、周りを取り囲むように
  なります。「誰も、自分の言うことに耳を傾けてくれなくなる」という、とてつもない
  孤独感にさいなまれる時がやってくるでしょう。ただし、生前か死後かはわかりません。

Q.日神会の職員は、死後、どのような経路をたどることになりますか?
A.人それぞれですが、罪の償いに追われる事も出てくる場合があります。
  教会の神父が、「自分の生前時に、偽の教えで人々を導いてきた愚かさ」を深く恥じ、
  生きているときに教会に来てくれた信者のところに、謝りにやってくることがかなりあります。
  「もう良いのに」と人間が思っても、神父側にとって、己の愚かさを清算するという意味が
  あるのです。
  まして、日神会のように「高額のお金をぼったくり」、その挙句は治療効果はなし。
  さらに、会員の思いを無視して「集金マシンと化した、組織を維持することのみに力を注ぐ」
  事は重大なる罪の一つであり、霊界では、大変な苦しみを味わいます。幹部職であれば
  あるほど、償いの道は長くなるでしょう。


151 名前: シオン◆gU93SCyE 投稿日:2013/10/04 18:36 ID:TQTBDIs60
Q.テレビなどで、スピリチュアリズムを盛んに宣伝していた江原氏が、実質、
 「テレビから追放状態」にあい、急速にブームが去りつつあるように見えま
 すが、日神会よりも衰退が早いのではないでしょうか?

A.「偽物の仕掛けた、偽物ブームが去っただけ」の事です。江原氏は、「シルバー
  バーチの本を読み感動した。自分が広く伝えていかなければならない。
  そのためには、テレビに出ないとダメである」と、フェアとは言い切れない
  手段を用い、テレビで宣伝し、一時的にブームとなりました。
  しかし、所詮は「やり方が偽物」でしかなかったため、ブームは去り、衰退
  しただけの事です。本物のスピリチュアリズムには、いささかも影響する
  ものではありません。本物のスピリチュアリズムとは、「時期が来た」人
  に対し、一人一人、何らかの形で手渡される形で広まるものであり、大々的に
  宣伝して広めるものではありません。その意味で、誤解ないし、曲解されたのでしょう。

  繰り返しますが、「偽物が廃れる」事があっても、本物が廃れる事は、
  絶対にありません。どんな科学者や、自称霊能者。古神道の大家を連れて
  こようとも、いささかも廃れる事はないのです。
  「本物の教え」を認めざるを得ないことは、大変な苦痛なのですが、生前
  に認められなかった方も、死後、しばらくすれば理解できるようになる
  でしょう。霊界とは、そのような仕組みで成り立っているのです。



152 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 18:40 ID:TQTBDIs60
幸福の科学は、カルデックの本以外、何の価値もないよ。
教祖は女性スキャンダルだらけだろ。教祖の権威付けのために利用している本の
ほうが、ずっと価値があるのは皮肉なことだ。

同様のタイプに江原もいるけどな。しばらくしてから江原は美輪に、
「あの方(江原)は、(霊が)見えていませんから」と暴露されていたし。
所詮、偽物は、駆逐される運命なのだよ。本物と偽物の区別がつかないと、
全部同じに見えるだけだから。

そりゃあ、霊的な「障害者」には、理解できないだろうさ。
「霊的な『目くら人間』」であれば、死ぬまでわからないだろう。
目が見えていないことよりも、致命的に酷い障害なのだから、仕方ないよね。
大川氏の本には、基本的にはその価値を認めていないよ。
大川氏でない、海外の人間の書いた著書に価値があるだけのこと。

身体障害者以上の悲惨な状態である、霊的な障害を持つ
「霊界不適合者」には、理解できないさ。単にそれだけのこと。
死んでしばらくすれば理解できるよ。

「特定の考えに凝り固まっている人間には、神の力は届かない」と、
日神会ですら言っていなかったっけ?
確か会報でも、似たようなことを言っていたよ。
「厚い壁で覆われている」ために、「神のエネルギーが届かない」
とか何とか。それは確かに真実なのだ。

したがって、知能指数の低い人間に高等数学が理解できないのと
同様、霊的な赤子には、理解できないだけなのだよ。
霊的に、1+1=2
すら理解できない人間にもいくら説明してもわからないからね。
古神道とか呪術、呪符号などの「オモチャ・遊び道具」を捨て去ることが
できないだけ。
スピリチュアリズムが、一番、優れていることを理解するようになれば、
そういう「遊び道具」は、自然に押入れにしまうようになるよ。


153 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 19:13 ID:TQTBDIs60
やたらH・G・ウェルズばかり取り上げるが、ジュール・ヴェルヌは?
アイザック・アシモフやアーサー・C・クラーク、日本の星新一や小松左京は?
H・G・ウェルズは科学者じゃない、SF作家だ

おまえがヨイショするコナンドイルも「ロストワールド」などのSF書いてたぞ
心霊学協会で心霊現象をトリックと最終的に否定した一人だよな

>「表現はやわらかい」が、シルバーバーチの本には確かに書いてある。

「幸福の科学出版」「朝文社」どちらのオカルト本だい?
大川バカボン葬祭の「シルバーバーチの霊界からの警告」とか帯に書いて無いだろうねww

言っちゃ悪いが、バカ丸出しに近いよね。
「シルバーバーチの霊訓(二)」に、ウェルズの話が出ているのだよ。

「ウェルズは不幸にして強烈な知性がかえって禍した偉大な魂」とね。
「あれだけ論理的に且つ科学的に論証したのだから、その思想と
合致しない宇宙の方がどうかしているに違ないとまで、考えるのです」と。

また、「多くの科学者」の傾向についての代表的な一例としてウェルズ
の話が引き合いに出されただけで、能力の乏しい霊能力、霊媒師から
伝えられる通信は、かなり疑ってかからなければならないのだよ。
だからこそ、「人間には理性が与えられている」のだ。

「岩に話しかければ、その岩は応答してくれるものの、岩の霊ではなく、
イタズラ霊だ」という事。固有名詞の人物の通信の大半があてにならないのは、
それが理由だから。

色々と批判するのは立派だと思うが、「その程度かよ」と言いたいくらいだ。
もっと、「内部から教えを崩壊させるほどの、高等な教え」を説いて欲しいものだ。
スピリチュアリズムは、外からの攻撃で崩れることは絶対にない。内側から
攻撃し、その矛盾点や問題点を明らかなしないと、カスリもしないからね。


154 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 19:16 ID:TQTBDIs60
「表現はやわらかい」が、シルバーバーチの本には確かに書いてある。
例のH・G・ウェルズの死後の一例としてだがな。
「自分の方が正しい。霊界の方が、間違っている」とね。
科学者は似たり寄ったりだから。
説得には、相当苦労したらしいがね。


578 :神も仏も名無しさん:2013/05/28(火) 13:41:38.61 ID:U5zy4T/V
>「あれだけ論理的に且つ科学的に論証したのだから、その思想と
>合致しない宇宙の方がどうかしているに違ないとまで、考えるのです」と。

ハァ?
SF(空想科学)と科学論文との区別も付いて無いじゃないかww
科学者の科学論文なら
「あれだけ論理的に且つ科学的に論証したのだから、」と話しは繋がるが
作家が当時の科学的発見を元に書いた虚構の小説を論理的もへったくれも無いだろ
おまえが言ってる事は映画監督や放送作家が作った
ゴジラやウルトラマンは科学者が書いたものと言ってるのと同じだぞww

スピリチュアルに傾倒すると現実が見えなくなるという実例だな

スピリチュアリズムを、単なるSF扱いにしなければ
気がすまないところが、「霊的な知能指数が低い証拠」だと言っているのだよ。

生きている世界で知能指数が高くとも、霊的な知能指数はゼロだと
言っているのだ。つまり、霊的な1+1=2
という基礎的な事も、まったく理解できないわけで、狂信的な勘違いを
している猫オババの方がまだ、「霊的な知能指数が高い」ということになるよ。

霊的な知能指数での1+1=2
とは、すなわち、「死後の世界は存在する」と、それがすべての基礎だから。
それが理解できない奴が、殺人兵器を開発して喜ぶ死の商人になるのだよ。
霊的事実を知っていたら、殺人兵器作りからは、身を避けるからな。それでこちらでは、
科学者≒殺人犯
と揶揄しているわけだから。

155 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 19:20 ID:TQTBDIs60
矛盾点突きつけられて、それを更に矛盾で潰そうとしてるところも
日神会キチガイの黒猫オババと一緒

おまえが科学とSFが区別出来て無いと書いてるだろ
スピリチュアルをSF扱いとどこに書いてある
興奮すると理性も無くなる様だな
それがスヒリチュアリストの性格の基礎か、自分を見失うようでは哀れだな

付け加えれば
スピリチュアリズムはSFではなく
オカルティズムの一種です

毎度ながら、さすが殺人犯の言うことは違うよね。
人を不幸にすることに喜びを感じるだけの人間には
なりたくないな。

本当の事言われて長文書く気もなくなったか
書けば書くほどボロが出るもんなww

古神道や日神会相手なら屁理屈のぶつけ合いで堂々巡りも出来るが
現実をぶつけられたら反論のしようがないからな

スピのネタ本が幸福の科学で、伸びた鼻をへし折られ
横山光輝の三国志の裏思想でも潰され
科学と空想科学の違いが分からない事で無知を晒され
次はどんな屁理屈を展開してくれるのかな〜♪


156 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 19:24 ID:TQTBDIs60
科学は嫌なんだろ。
はやく、狩猟生活始めろよw
けつの穴拭くのも、紙はNGだぞ。葉っぱで拭くように。

>「シルバーバーチの霊訓(二)」に、ウェルズの話が出ているのだよ。
>
>「ウェルズは不幸にして強烈な知性がかえって禍した偉大な魂」とね。
>「あれだけ論理的に且つ科学的に論証したのだから、その思想と
>合致しない宇宙の方がどうかしているに違ないとまで、考えるのです」と。

シルバーバーチがSF作家であるH・G・ウェルズを科学者と認識してる事で
シルバーバーチそのものがインチキ臭いものとスピ主自ら晒したからな


157 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 19:40 ID:TQTBDIs60
訴えるのも日神会の自由だが、それをやると、今度は自分達の
詐欺商法がマスコミの前でさらされる「諸刃の剣」だよ。
自分達の法律違反も、公にされるから。
著作権云々より、「医師法違反」で逮捕されるほうが、ダメージが
でかいぞ。「詐欺」も成立するし。

日神会の関係者を、ネットや実社会に引っ張り出すことが重要だからね。


二代目の事故死を載せた人間に、ネット圧力を
かけて記事を消させた日神会。
youtubeにも抗議して、浄霊テープは一発で消させるはずだよ。

簡単なのは、日神会を、スビリチュアリズムで分析して載せたサイト。
あそこなら、「誰に抗議をしても良いかわからない」から、日神会でも
手が出ないから。サーバーはアメリカで、日神会ごときには、手も足も出ない。
音声ファイルへのデジタル化で、不特定多数に公開したいものだ。

こちらも、ネットワーク管理に携わる人間だから、日神会ごときに、
尻尾をつかまれたりはしないよ。
だから、2ちゃんねるのスレッドを建てた俺が、どこの誰かがわからずに、
怒り心頭状態が続いているだろ?
予想ではたぶん、黒猫婆の住んでいる地域に、少し近い可能性もあると
思っているよ。でも、それでも主を割り出せない日神会。
得意の超神霊エネルギーとやらで、俺に罰を与えて欲しいものだw


158 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 19:44 ID:TQTBDIs60
「霊視のできない人間」を、霊能者と呼ぶなど、他ではありえない。
インチキの文として、「聖天界以上の能力を持つ場合、一般的な霊能力を
持たない場合もありえる」などと本に書いているが、そもそも、
霊視のできない人間を、霊能者と呼ぶなど、絶対にありえないのだ。

ここ数ヶ月、道場や礼拝堂で、会長を見た奴とかいる?
どうも、生きているのかどうか、怪しいものだからな。
高齢だし、体を崩してもおかしくないだろうから。

重大な死亡事故でもない限り、
お悔やみ欄に乗せるか否かは、新聞社から電話がかかってきて、
家族が決める場合が多いんだよ。普通の病死なら、載せない事もできる。
うちの場合も、産経、読売、朝日、地方新聞・・・と、次々に電話が
かかってきて、それでお悔やみ欄に載せたのだから。

日神会の場合、完全に握りつぶしてもおかしくないね。
「怪鳥先生は、超神霊エネルギーによる影響で、ご自宅で
静養しておられます」
などと言ったら、会員は誰もわからんだろうからな。


159 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 19:47 ID:TQTBDIs60
もうすぐ、次の会報が出る時期。
どんなインチキを言いまくっているか、出たら、あざ笑ってやろう。
ちゃんと二代目の死も載せるべき。「死に際の想念」が悪いと、地獄に
落ちるらしいから、二代目も、地獄の底で苦しんでいるだろう。

日神会で、「霊が見える」という来会者に対して、「見ない、聞かない!」
を、口を酸っぱくして述べる理由は、
「自分達の偽善性。インチキ性を、見破られないため」
という事。本物の霊能者が見たら、日神会の偽善性は明らか。それを
バラされて、広められないようにするためだけの、巧妙なインチキ。

本物の霊能者は、「見たくなくとも、見えてしまう」のに、それを
「見るな、聞くな」は、結果的には「酷い指導」と言わざるを得ない。
その「天罰」として、会長の二人の子供は早死にしたから。
別な仕事に就いていれば、早死にすることもなかったはすなのに。


160 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 19:59 ID:TQTBDIs60
「精神統一の禁止」は、精神統一をすると、日神会の教えへ疑いが出てくる
ので、それを封鎖するための逃げ口上。
落ち着いて考えれば、日神会の言っている事がおかしいのはわかるはずなの
に、「自分で考える機会を奪い、ひたすら、日神会絶対至上主義を、
覆させないため」のトリック。「神の教えとは正反対」なのが、日神会。


教祖なら、酒絶ち、煙草絶ち、肉食を避けるなどが一般的なのに、
日神会の会長は、どれにも手を出す俗物人間。どこが教祖なのだか。

神と正反対の悪魔の教え。その名も日神会。
見事なまでに、悪魔を信じ込ませようとしているから。


161 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 20:02 ID:TQTBDIs60
スピリチュアリズムを学んだ人間から言わせれば、上記掲示板に
たむろしている信者たちが、「気の毒」に思えてならない。
「嘘の教え」から脱するには、「自ら真の教えに目覚める以外にない」
からね。騙されていることに気がつくまでは、いつまでも信じ込んでいる
から。

本や会報で、「奇跡」、「奇跡」、「奇跡」、「奇跡」とキチキガイの
ように強調しまくっていたからな。それに完全に騙されたわ。
「心から深く祈れば、本当に天に通じる。奇跡をいただける」と、
心の底から信じて祈り続けたのに、祈っているそばで事態が急変して、
そのまま帰らぬ人になったからな。

どうして祈りが通じなかったのか、まったくわからなかったが、
スピリチュアリズムの教えで、ようやく「そういうことか!」と理解できた。
それを知ったら、日神会のやり方がどれだけ罪深いか良くわかる。
ネット環境が維持できる限り、テンプレも立て続けるかもしれんから。


162 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 20:20 ID:TQTBDIs60
>その理屈からいくと、おまえと親は前世でよほど悪い事したんだなww
>それなら納得がいくわww

そうかもしれないと割り切っているよ。
だが、本当に罪深い人間は、「生まれながらに、五体満足でない姿で
生まれてくる」とか、「アフリカの飢餓難民の姿で生まれてくる」とか、
「財産を、数億円、騙し取られて無一文になる」とかだそうだから、
そこまで罪深い前世ではなさそうだ。

「知的障害は、前世で、何らかの才能を悪用した罰である」だから。
とりあえず、「何とか生きている」程度でしかないがな。


163 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 20:35 ID:TQTBDIs60
前世で罪深い人生を送ったから
罰としてもう一度人間に生まれ変わるというのも
なんかこじつけのような気もするが。

前世で自分がどんな罪深いことをしたのか認識していなければ
悔い改め反省しようがないと思うんだけど。

「学ぶべきものがある」から、この世に生まれてくると、丹波哲郎氏も
言っていたよ。「学ぶものがなければ、生まれてこない」から。
「霊界の仕組みがそうなっているから仕方がない」という事。
認めるか否かは、人それぞれ。

「人間のためにある」ようなもの。

人間だけが特別なのだろうか?
骨格があり、肉や皮をまとっているということで言えば
犬やネコと人間は同じではないだろうか?

なぜ、人間の魂だけ死後、固体としては存在できるのだろう?
人間だけは違うと思いたい人間の理屈では?


164 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/04 20:38 ID:TQTBDIs60
論破されると、くだらんAAを貼り付けるしか能がないんだね。
「スピリチュアリズムの内部の教え」から、ぶっ壊すくらいの
気概を見せて欲しいよ。「神の教えとは、ここがこう違う」とか、
「霊界の秩序とは、このように違いすぎる」とかね。

そこまでやられれば、「本丸落城」と、こちらも青ざめるだろうが、
「枝を見て木を見ず」では、100年たってもカスリもしないよ。


165 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/07 14:46 ID:qcl9y1l60
                        

166 名前: くまモン \〇( I )●( I )〇/ 投稿日:2017/09/02 06:01 ID:s/GdI6wI0
カルトの見分け方チェックリスト

□ 組織名や団体名、その正体を隠す傾向がある。(その団体が一般社会で批判されていることを信者自身が自覚しているから)

□ 組織から与えられた情報について、疑ってはならないと教える。

□ 外部からの情報、特に団体への批判情報を遮断する傾向が強い。

□ 組織や教義は絶対であり、自分で考え判断することは誤りであると指導する。

□ 真理は、その組織や教祖に占有されており、その組織や教祖を通してのみ知る事が出来ると主張する。

□ 白黒や善悪を常に分けたがる。

□ 世界を、組織は善であり一般世間は悪であるなど、組織と外部に二分する世界観を持つ。

□ 組織や教祖は絶対の善で正しく、外部は悪であると主張する。

□ 組織内部でしか通用しない言葉を多く用いる。

□ 個人の生活が制限され、組織の活動や寄付に積極的に参加する事が強要される。

□ 生活が細部にわたって規定されている。

□ 組織は悪である外部から無用な攻撃を受けているなど迫害意識を強調し、団結心を持たせる。

□ 組織からの脱会について極度の恐怖心を与え、脱会の自由がない。

□ 脱会した人間や団体批判者との情報交換、接触を禁じる。

□ 家庭、社会などで、何らかのトラブルが起きている。

167 名前: 大壕院邪気 投稿日:2017/12/20 20:31 ID:OjnkZ9tE0
日神会は素晴らしい宗教です!

168 名前: 大壕院邪気 投稿日:2017/12/20 21:03 ID:OjnkZ9tE0
神霊伏拝!一命心体!

169 名前: 文責・名無しさん 投稿日:2018/01/07 09:41 ID:TZGYyRhI0
                   

170 名前: 名無しさん 投稿日:2018/04/13 22:51 ID:fjXoNvws0
          


新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前 : E-mail(省略可) :
■スレッドURL
http://shizuchan.com/read.php/cult/1098374705/