■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 最新50 新着レスの表示

心霊体験

1 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/05 16:54
聞かして〜〜〜

作り話でも可

2 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/05 17:40
他でやってくれ!

3 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/05 18:50
数年前の8月半ば、午前3時半頃のとある海岸線にて。一番のりかと思いきや、波打ち際には10人くらいの人影が....。夜釣りのグループかと思い、特に気にせず少し離れて釣座をかまえました。ところが空が少しずつ白んでくるにつれて戦時中の軍服のような姿だということがわかりました。そして、夜があけるにつれてその姿は消えていきました。 おそらく太平洋戦争中の兵士の亡霊だったのでしょう。ちなみに実話です。



4 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/05 19:02
歌丸師匠を見ました

5 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/06 00:08
宇宙をナイフで刺していたやつを見た。

6 名前: スレ主 投稿日:2007/08/06 00:50
別に釣りをしてる時じゃなくていいです
荒らしは来ないでください
お願いします

7 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/06 07:46
2週間程前にツレと深夜のドライブに行った時の話。
あてもなくブラブラしてて、ツレの母校の湖東高校へ向かう事になった。
いつも通いなれた道だったらしいが、深夜という事もあってか、いつの間にか知らない道に出た。
細い農道が続き、小高い山が見え、気付いたら呉松町まで来ていた。
とりあえず地元に戻ることになり進むと真っ暗闇の山道に出た。
その頃からだ。左の方から異音が聞こえる。もちろん窓は閉めてあったし、オーディオもついてない、辺りに車も見当たらない。
だが音は鳴り止まない。ツレも何か感付いてるらしく、無理矢理明るい話題をふってくる。
そのまま走り続けトンネルへと続く曲がり角に近付いた時にツレが叫んだ。
理由を聞いても濁すのみ。
その頃から何故か右手が痺れ始めた。ツレには言わず暗いテンションのまま地元に到着。後になり理由を聞くと曲がり角の先に女が立ってたらしい。それと同時にパカパカという音が聞こえたらしい。俺には聞こえなかった。人里離れた深夜の山道、人がいる事は考え難い。車も通ってなかった。
残ったのは気持ち悪さと右手の異様な痺れのみ。

ガチで実話です。深夜2時位に呉松の山道を走れば多分怖い体験できますよ。


8 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/06 08:04
気のせいだよw

9 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/06 08:33
>>8
死ね!!二度と来るな!!

10 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/06 08:35
昨日サインを見ちゃった

11 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/06 08:48
>>8マジで怖かったですよ。行ってみればわかります。

12 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/06 08:55
あっそよかったね


ペテン師ってやぁ〜ね(≧ω≦)

13 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/06 09:39
>>12の性格が悪いことはわかった

14 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/06 11:24
夜、寝る前に外を見たら、白い服を着た人がいた。少しだが、浮いていた。


俺が子供の頃だった。

15 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/06 11:26
夜、寝る前に外を見たら、白い服を着た人がいた。少しだが、浮いていた。


俺が子供の頃だった。

16 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/06 13:08
さんま御殿を見たら、丸山弁護士が出ていた。少しだが、浮いていた。



17 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/06 14:39
呉松でしょ― その辺りって防空壕があったりするから・・・出るって聞くね

18 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/06 17:35
幽霊はジダンと付き合っている。

19 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/06 20:32
昨日ドンガバチョ

20 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/06 20:37
噂話板で書け

21 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/06 20:37
あ?やんのかコラ

22 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/06 20:40
何やるんですかぁぁぁぁWWWW

23 名前: スレ主 投稿日:2007/08/06 21:09
荒らすなって言ったばかりですよ
荒らす人は来ないでください
お願いします

24 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/06 21:20


 
 
 
 
 
 
   













   



 




 

25 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/07 00:25
↑つまんね

26 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/07 05:03
ごもっとも

27 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/07 08:01
しゃぶってくださぃ

28 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/07 20:09
私が中学の頃、夜中の2じくらいに小さな女の子の声でお母さーん、と叫んでいる声をきいた。田舎の一軒家だし、時間も深夜なので恐かったがいちを外にでた。すごい遠くからまた叫び声が。きっときつねなんだろうと思った。学校でこっくりさんをしたから。

29 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/07 20:31
用宗の広野は結構昔から
その手の話ありますよね・・・

30 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/14 04:42
↑どんなの?教えて下さい

31 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/14 19:37
昨日、石津浜に行って青物を狙いって来たんですが、やってる最中に急に腹が痛くなってしまって仕方ないから駐車場にきゃーーーーーーー

32 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/15 08:33
う○ち

33 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/15 19:36
台風が過ぎて一週間程たち海もおさまってきて友達達と釣りに行くことになりました。、あの時断っておけばこんなことにはならなかったのに…

34 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/15 19:50
夏本番の8月中旬、釣りというよりは磯遊びに海に出かけた。その日は朝早くから出かけ、午前中は釣りをやり午後は泳ぐ計画を立てていた。休日なだけあっていつもの場所はかなり混んでいた。
みんなは人混みを嫌っていたのでさらに10分程泳ぐところを探していた。
そしてその場所はあった。

35 名前: 33 投稿日:2007/08/15 20:12
普段から普通に目にしていた所だったけどその場所に行くのは初めてだった
はじめにこの場所の異変に気付いたのは俺だった。この場所は水が澄んでいて
波も静かで泳ぎやすそうなのになぜこんなに人がいなのか、、、、
そんなことを思っているうちに友達の一人が自転車を降りその場所に行ってしまった。
自分自身もあまり気に留めていなかったので「不思議だな。」ぐらいしか思っていなかった。
釣りを初めてしばらく立つと友達の一人が水着に着替え始め「もう泳ごうぜ」と泳ぐ気満々で
いきなり飛び込み始めた。正直まだ釣りをやりたかったので腹が立った。しかし時計の針は
2時を指していた。


36 名前: 33 投稿日:2007/08/15 21:10
なぜなぜあんなに時間が経つのが早かったのかは今でも解らずじまいだった。
俺は泳ぐ気にはなれなくてただ釣りをしていた。家がここから20分ぐらいだったので
5時までここにいることになった。俺はその辺を歩いていい釣り場を探していると
なにかわらのような物が大量に打ち上げられてるに気がついた。
俺は遠くからみても大体なにかはわかった。
お盆の時に使う馬やら牛の人形だった。そこでは釣りをやる気にならず
仕方なく泳ぐことにした。
もどってみると友達は相変わらず元気に泳いでいた。
俺は水着に着替えながら海のほうに目をやると髪の乱れた女が上半身だけ海から出して
友達の方を見ていた。俺はあまりに怖く何も言うことが出来なかった。友達には見えてないらしく
平気で泳いでいた。俺は大声で「上がれ」と叫んだ。
友達はびっくりしただけで「何言ってんのお前」とスルーされてしまった。
慌てて女の方を見たらもういなかった。俺はここにいる事すら嫌になり帰る支度をした。
時間は5時を回っており曇ってきた。一刻でも早くここを立ち去りたく何度も帰ろうと呼びかけた。


37 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/16 10:58
↑つまんね

38 名前: 投稿日:2007/08/16 13:01
>>33
うぇ寒〜〜〜まじつまらんし中途半端だ

あんなん書いてよく恥ずかしくないね。ぷぷっ

まぁ取り敢えず完結はしような 
死んでなければな ケケケ…

39 名前: 井上博士 投稿日:2007/08/16 14:37
汚マエらは人間としての知性と体験が欠けている!先ずは四国に逝きお遍路を体験し人に対しての非礼と無礼を改善し汚マエらは、お遍路を終える頃には、訳のわからん四国中の地縛霊を纏いガリガリに痩せ細り自らのほざいた内容を反省するであろう!

40 名前: 33 投稿日:2007/08/16 14:56
自分と同じように何人かは陸に上がって片付けをしている。しかし
残りの奴らはあの人形がたまってる場所に行ってしまった。俺はとにかく
帰りたかったのであいつらを呼びに行った。そこでとんでもないのを見てしまった。
10人どころではない数の人が上半身だけ水中から出してあいつらを見ているのだ。
一緒に来た友達は見えてないらしく「さっさと上がれ」といってるだけであった。
俺はこれ以上ここに入れなくなり一人で自転車に急いだ。道に出るまで
には少し距離があり少し走ってる間に色んな物も目にした。
古びたたくさんの地蔵だった。少なくとも10個はあった。どれも手入れはされて
なく苔が生えていた。なるべくそれを見ないようにして自転車に乗って急いで家に帰った。
家に帰ってすぐ一本の電話がかかって来て、さっきまでいたhが溺れたらしい。何でも泳いでいたら
両足首がはずれたらしい。俺はあの時の恐怖がよみがえってきた。
家に帰ってから親に全て話した。親によるとあそこは潮の関係で色んな物がたまりやすくなっているらしい。
もちろん死体も。
それから俺は海に行っていない。




41 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/16 17:55
↑僕てきには怖いと言っても友達を置いて帰ってしまうあなたがとても怖いとおもいました。


それ以来、友達が減ったでしょうね

42 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/16 22:30
33と9は似ているレベルだな

43 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/16 22:43
それなりに面白かったが

やはり、友達を置いて逃げてきたところが一番印象的だ。

そこは削った方が良かった。

44 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/17 00:37
41さんに賛成!

45 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/17 02:09
すみません、突然ですが、誰か教えてください。
6〜7年前の出来事ですが、季節は夏だったと思います(半そでを着ていた記憶があるので)。
ある西伊豆方面の磯場で夜釣りをしてました。夜半2時頃だったと思います。
カゴで小物を狙っていましたが、さっぱり釣果はなく、もう少しやってダメなら帰ろうかと思っていた矢先の事でした・・・。
カゴにコマセを詰めて投げようとふと海面に目をやると、数十メートル先の海面になにやら不思議な物体に目が留まりました。
どう見ても海面から肘から先の人間の手が出ているのです。もがいているようような・・・。いや、そういう風にしか見えませんでした。波紋まではっきり見えましたので・・・。
しばし見入っていましたが、そのうちなにかヤバイモノを見ているというという感覚にとらわれてしまい、ゾッとして全身鳥肌が立つ中でそそくさと道具をしまいました。
片つけている間も「ソレ」が気になって仕方ありませんでしたが、見てはいけないという思いが強く、海には目を向けないようにしながら、荷物をそのまま適当にまとめて車に載せ、振り返る事もなく、猛ダッシュで逃げて帰ったというのが正直なところです。
で、あとから思い返してみましたが、「アレ」は絶対に幻覚ではありません。
木の枝や藻やその他の何かでもないと思います。それ程はっきり見えて今でも脳裏に焼きついています。
では、何だったのでしょう???
もう少し詳しく言うと、その「もの」の周囲でには、なにやらうすらぼんやりとした青い光(燐光)みたいなものがあり、その中で浮かんで見えたような感じです(だったと思います)。
その後、数日は気になって気になって、もしや死体だったのではと、水死の報道がないかと新聞やテレビを気にしていました。
でもそういうニュースもなく、その後、周辺の方に遠まわしに聞いても、そういう事実はありませんでした。
私は心霊現象とか超常現象というのは信じない方なのですが、この一軒に関しては自分の心の中でいまだに解決できないしこりとして残っています。
あの釣り場にはそれ以来行くこともありません。
誰か納得できる説明を、是非お願いします。

46 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/17 07:49
それは、全裸のマネキンが浮かんでたんですよ
貴方はビビリですねwww

47 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/17 07:54
たとえ駄作でもこのスレが盛り上がれば、
それでいいんじゃない?

48 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/17 20:33
誰か書けよ。


49 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/17 21:16
呪われて死んぢゃえ

50 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/17 21:23
オマエモナ


続きを読む

掲示板に戻る 全部 次100 最新50
名前 : E-mail(省略可) :
■スレッドURL
http://shizuchan.com/read.php/fishing/1186300498/