■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 最新50 新着レスの表示

こいつ、捕まえてください。

97 名前: 名無しさん 投稿日:2017/12/27 15:29 ID:JGPO51FQ0
22年前、東京・八王子市で女性3人が殺害され、いまだ未解決の「スーパーナンペイ事件」

今回、FNNは、捜査資料を独自に入手。この資料を読み解くと、犯人像につながる手がかりがわかってきた。

FNNが入手した、殺害現場の見取り図。
家具の配置や、被害者3人の倒れ方などが、克明に記録されている。

事件は、1995年7月30日の夜。
八王子市大和田町の「スーパーナンペイ」の2階事務所で起きた。
何者かが、パート従業員の稲垣則子さん(当時47)、アルバイトの高校生・矢吹 恵さん(当時17)と前田寛美さん(当時16)の3人の頭を拳銃で撃ち殺害、逃走した。
稲垣さんは、壁に寄りかかるように倒れていたが、その横にあった冷蔵庫の上には、現金が入った稲垣さんのセカンドバッグが物色されずに残されていた。
また、事務所の金庫にあった現金およそ526万円も奪われていないことから、警視庁は、金銭目的の犯行ではない可能性も含めて捜査している。
殺害された矢吹さんの頭部の状態を記録した資料。
銃撃の傷跡から銃弾が抜けていった正確な角度までが記されている。
もう1人の女子高生・前田さんも、後頭部の同じような箇所を撃たれていることから、犯人が女子高生2人をひざまずかせ、しゃがんだような低い姿勢でいるところを銃撃した可能性が高いことが読み解ける。
長年、遺体の解剖に携わってきた法医学者・高木徹也医師は「脳幹を狙って1撃ずつで殺されているということは、プロのヒットマンとか、そういった感じの無駄のなさですよね」と話した。
事件発生から22年。
警視庁は、犯人逮捕に向け、必死の捜査を続けている。

情報提供は「八王子署特別捜査本部(042-621-0130)」まで。


続きを読む

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前 : E-mail(省略可) :
■スレッドURL
http://shizuchan.com/read.php/police/1368384474/